借地権の売却

住宅は基本的に個人の持ち物であるため、誰かに売却したり賃貸したりするのは自由です。
しかしながら、住宅が借地にある場合は別の考え方が必要になります。
借地にある住宅の持ち主は、土地を建物を持つために利用する借地権を設定することを、土地の持ち主から受けています。
借地権の場合は、建物をこの土地に建てて活用するためであるので、住宅を売る場合借地権も当然一緒に移るようになります。
つまり、住宅のみであれば処分は自由にできますが、借地にある住宅を売る場合は住宅に付随して借地権も買主に移るので、自由に借地権を譲渡することが可能であるかということが問題になります。

借地の住宅を売るのは建物だけを売るのではなくて、借地権も建物と同時に売るということになります。
借地権としては賃借権と建物を持つための地上権がありますが、ほとんどの日本の借地権は賃借権になっています。
借地権のこの賃借権に基づくものは、譲渡することが自由にできなく、地主の了解が譲渡する場合には必要になります。
借地権が地主の知らない間に譲渡され、どんどん借主が変わっていくと困ります。
借主に信頼できないような人がなれば、無断で建物を増改築したり、地代を払わなかったりして、地主にとって利益にならないようなことが発生し、トラブルが起きるリスクがあります。
もし地主の了解無しで譲渡した場合は、契約違反ということになります。
本サイトでは、上手に借地権を売る、地主の意向を確認する、についてご紹介します。